ウーマン

消費者の健康を考える|作った製品は一度SVHC検査をしてもらおう

高懸念物質

地球

高懸念物質と言われているSVHCは、REACHによって許可登録すべきと言われている物質です。これは人体や地球に対して危険を及ぶ可能性が指摘されています。そのため、これを扱おうと考えている方は注意することが大切です。

REACH規則に基づいて

レディ

SVHCを提供するルールは、物質が対象リストに登録された日から生じます。そして、製造品に含まれるSVHCを、45日以内に消費者へ報告する決まりもあります。45日の始まりは、消費者からの申し入れを受理した日になります。

汚染物質の分析

工場

SVHC分析を受けるには、製品を素材に分解してから、ある程度まとまった試料を検査機関に送付する必要があります。費用は分析する物質によって異なりますが、まとめて依頼すると割安になります。ただし別料金が必要な場合もあります。

高懸念物質への対応

工場

欧州への製品輸出に不可欠

日本メーカーの工業製品は国際的にも評価が高く世界各国に輸出されていますが、それは欧州連合加盟国でも例外ではありません。そんな企業にとって製品輸出の際に問題となっているのが、高懸念物質と呼ばれるSVHCへの対応です。欧州連合では健康や環境を保護する目的で化学物質を厳重に管理する規則を定めており、加盟国に輸出される工業製品も成分が分析されています。SVHCには1000種類以上の化学物質が指定されている上に、現在も新たな物質が追加されているため把握するのは容易でありません。欧州連合ではSVHCに関して非常に細かい規則を定めており、輸出される工業製品にSVHCが重量比で0.1%以上を含まれる場合は届出が義務付けられています。この他にも消費者への情報提供義務が生じる場合などがありますので、欧州連合加盟国に製品を輸出する場合はその製品にSVHCがどの程度含まれているかを分析する作業が欠かません。SVHCのカテゴリには発がん性物質や変異原物質・生殖毒性物質といった種類があり、いずれも専門の化学物質試験機関に依頼すれば分析してもらえます。そうした分析機関ではガスクロマトグラフ質量分析やイオン付着質量分析・プラズマ発光分析などの測定機を使用し、SVHCリストに応じた物質を精密に分析しています。試験結果を受けて特定のSVHC物質を除去するため製造工程や材料購入の見直しも可能になり、製品出荷後に輸入禁止措置を受けるような事態を回避できるのです。経済成長が著しいアジア市場の重要性が高まってきているとは言え、全般に経済レベルの高い欧州連合加盟国は日本企業にとっても重要な製品輸出先に変わりありません。健康や環境への配慮を重視する地域への製品輸出には、今後もより一層シビアな品質管理が求められます。SVHC試験を経て品質管理を万全にすることで、そうした地域にも安心して自社製品を輸出できるのです。